先輩の成功事例

自分に合ったやり方を見つけよう!

自分に合ったやり方を見つけよう!

就活はいつから?

12月ぐらいからいろいろ見て、5社程度エントリーしました。私は、興味がない企業に沢山エントリーしても仕方がないと思っていたので、エントリーは素材開発をしている会社に絞り、1月の後半くらいから説明会に行きました。業界でも大手の企業の選考を受けたときは、初めてだったので作文がうまくできず、一次の筆記で落ちてしまいました。落ちたのはショックでしたけれど、次に繋がるいい経験になりました。
調べるにつれて、研究職は無理そうだと気づきました。 研究職として企業が求める人材は、一つの分野を突き詰めた院生であり、学部生の場合、書類選考で落ちているケースが多かったのです。 そのため、私の希望分野は素材開発だったのですが、他にもものづくりとして開発をしているところなど、エントリー視野を広げるようにしていきました。
2月と3月は家庭の事情で就活ができず、 就活を再開したのは4月でした。説明会に参加して話を聞いたうえで、選考を受ける企業を合計5、6社ほどに決めました。  私の場合は、やみくもに色々な企業を受けることはしなかったです。働くからには行きたいと思ったところが良かったし、 自分がしてきた研究などをどれだけ活かせるかということが重要でした。 その次に、社風やどういった感じで仕事ができるかが大事だと思ってました。 勤務地は関東圏を希望していました。
就活サイトはマイナビとリクナビを利用しましたが、他はほぼ使わなかったです。 エージェントはジールのみ利用しました。

就活はどんなふうにした?

私の場合、最初は周りに相談せずに、就活サイトから探して、自分ひとりで決めた企業にエントリーして説明会に行っていました。でも、就活を進めていくうちに、自分だけでは分からなかったり、決められなかったりすることも出てきて、親や兄弟、親戚、ジールの人などに相談をするようになりました。迷ったときに自分のためを思って本心で言ってくれる人達に相談することで、自分を見つめ直すいいきっかけになったし、自分のことをよく知ることで、自分をコントロールできるようになりました。
あとは、ジールのイベントに参加したことで、比較対象が増えて、自分の視野が広がったと思います。ジールの合同説明会のイベントでは、文系・文系などと対象が分かれているわけではなく、いろいろな話を聞けたのが良かったです。女子会のときは不動産の企業が多かったのですが、企業よりも人で覚えてたりするので、人のイメージって大事だなって思いました。

説明会や選考で心がけていたことは?

説明会に参加した際には、人事担当者や参加している学生を観察しました。説明会は人に見られる場だけれど、逆に人を見ることも多かったと思います。たとえば、説明会に来ている学生のよくないところは真似をしないように気をつけました。このように、他の人と差をつけるように心がけていました。
また、面接の際には、志望理由を暗記するのではなく、あらかじめ考えていたことをその場の雰囲気に応じて話す様にしていました。質問をする際にも、企業側に悪い印象をもたれないように言葉遣いに気を配りました。そのため、普段の生活の中でも、教授や顧問の先生、先輩などとの関わりの際に、自分の言いたいことを分かりやすく、正しい言葉遣いで伝えるように心がけていました。

ジールとの出会いは?

女子サッカーの友達に誘われて、1月の女子会イベントに参加したことがきっかけです。このイベントの際に、合同説明会に初めて参加したのですが、新鮮でとても楽しかったのを覚えています。イベントでは、自分が普段検討しないであろう企業の方と話すことが出来たので、自分の視野が広がりましたし、ウェブサイトだと、写真などの雰囲気などで選んでしまいがちですが、実際に企業の方と話したことで、その企業のことをより深く知る良い機会になりました。
その後、ジールで就活相談に乗ってもらって、学科にきてくれる半導体を売る商社を受けました。その際に、「自分を出す必要はあるけど、言いたいことはまとめないとダメだよ」などとアドバイスをもらったことが印象に残っています。

ジールを使ってみてどうでしたか?

就活用のサイトを利用して自分ひとりで就活をしていたときは、疑問や不安があってもすぐには解 決できず、説明会に行って「質問はありますか?」と聞かれても、質問した内容が選考に響くんじゃないかとか考えて、尋ねるのを躊躇してしまうこともありま した。そのため、ジールのように企業のことを知っていて、自分のことも知っていてくれる人に相談に乗ってもらったり、企業を紹介してもらえるとすごく安心 感があって良かったです。
あとは、過去に就活をしてきた人、現在働いている人の話を聞いて、自分の就活の参考にすることができたのも良かったです。自分の大学の先輩以外とのつながりもできて心強く感じました

内定は何社もらいましたか?

私の就活のスタイルは、1社づつ進めていくものだったので、内定は1つだけです。毎回、内定が取れたらそこに行くというつもりで選考を受けていました。

選考で体育会アピールはしましたか?

私の場合、小中高ではテニスをしていて、大学でサッカーをしていましたが、体育会アピールは特にしなかったです。

仮に、アピールをするとしたらテニスでのペアとの関わりや、サッカーというチームスポーツを通して、アイコンタクトなどによって相手の意思を汲み取り、伝え合うなどのコミュニケーション力を身につけたことをアピールすると思います。

選考を受けている時の不安は?

就業形態が特定派遣であることを教授にダメ出しされて、不安になったときもありました。でも、いろんな会社で、様々なものづくりに関わることができる特定派遣は、私にとってすごく魅力的で、自分にぴったりの仕事だと最終的に思うようになりました。

これから就活する人にメッセージ

自分にあったやり方でやったらいいと思います。
私の場合、卒論などのプレッシャーを感じて、焦っていて余裕がなかったときの就活は、上手くいきませんでした。そこで、「今は卒論より就活」と思って、就活に専念したときに、自分に自信が持てたし、道が開けたように思います。

選考が近くなったら選考に専念して、結果待ちの間に卒論を進めるといったように、私には時間を区切って一つのことに集中するやり方が合っていました。これは自分の部活での自己管理のやり方を就活にも応用したものです。このように、自分に合ったやり方を考えて就活を進めていくことがとても大事だと思います。
もう一つ、学生に言いたいのは「視野を広げてみて!」ということです。迷っているのなら広げたほうがいいです。今振り返ってみると、就活中に多くの人と出会い、関わったことは本当に楽しかったです。
弊社社員と握手をする東海大学Tさん

自分に合ったやり方を見つけよう!

東海大学 Tさん

小、中、高校はテニス部、大学ではサッカー部に所属。
就職活動は12月から初めて、1月に女子サッカーの友達にさそわれて、合同説明会「女子会イベント」に参加。
2月と3月は動くことが出来なかったが、4月から就職活動を再開。
やみくもに受けることはせず、希望のものづくり、開発を行える会社に絞って、5,6社を受けて内定をもらった。

「先輩の成功事例」一覧へ戻る

就活講座
先輩の成功事例
ピックアップ企業
利用者の声
就活相談
ジールアスリートエージェンシー

アスリートを応援する企業

「本気」の意味を知っている。そんなあなただからこそ、「本気」で採用したい。他のどんな企業よりもアツい、ジールアスリート積極採用企業をご紹介します。

2016.06.14
株式会社ジャガー東京
2015.09.01
株式会社ジールコミュニケーションズ

さらにアスリートを応援する企業をみる

ZEAL ATHLETE NAVI ジールアスリートナビ

MENU